【人狼ジャッジメント】双子の立ち回り/役割/能力まとめ【人狼J】

   

人狼ジャッジメントの双子(役職)の立ち回りや役割についてまとめています。双子のコツや考察の落とし方を知りたい方は参考にどうぞ!

双子の役割

確定白の利を活かして勝利へ導く

双子はどのようなCOをしても双子スラをすれば確定白となるので、ある程度トリッキーな動きをしても問題のない役職です。双子はやれることがとても多い役職ですが、屋敷の設定で「双子の後追いあり」になっていると双子の露出が負け筋になる場合もあるので、初日の夜時間にはペアと屋敷の設定を確認しておきましょう。

双子の立ち回り

片方の双子が進行

後追いの有無にかかわらず、双子の片割れがCOして進行を務めるのが一般的な立ち回りです。双子はペアをしっているため、吊り指定から相方を除外することができるからです。後追いありでも双子の露出がひとりであれば、狩人が護衛してくれるので、安心して進行に臨みましょう。

黒目の発言を心がけよう

双子は噛まれないほうが望ましいので、なるべく黒目の発言をして噛まれ位置から回避しましょう。進行が双子の相方であれば吊られる心配はありませんし、黒打ちされたとしたら双子COで偽占い師を吊れば村が大きく優位に立つことができます。


双子のオススメCO

片方が双子COして進行

素直に双子COをして進行を務めるのが一般的です。真霊能か真占いが確定している場合は、COせずに進行を任せてしまってもよいです。

潜伏して双子トラップを仕掛ける

占い騙りからの黒打ちをもらったときに双子COをして、占い騙りを破綻させることは「双子トラップ」と呼ばれています。双子がふたりとも潜伏している状態は、占い騙りの人物が黒打ちしづらくなる(双子に黒を打ってしまうと破綻するため)ので、逆説的に真占い師の黒打ちに信憑性が増すという効果もあります。

デメリットは、占い師が双子を占ってしまって占いターンを浪費する可能性があることです。盤面を狭めたほうが勝ちやすいと判断できる場合は、双子を名乗り出て積極的に人狼を吊りにいきましょう。

占いアーマーの双子CO

片方の双子が占い師COすることで、占い師の真贋が村視点で不明になります。真占い師が噛まれる可能性が少なくなることと、二日目以降に双子スラをすればアーマーの意図が伝わりやすいことから、双子の占いアーマーは有力と言えます。

双子の能力概要

いつも一緒に過ごしている仲良しの双子。
必ず二人がペアで存在し、お互いが人間であることを知っている。
基本的には自分たちが人間であることを証明しやすいので、場のまとめ役になることが多い。
二人とも双子であることを公表するのか、片方だけが公表するのかは状況によって様々。
※片方が死んだ時にもう片方も死亡するかは屋敷の設定の「双子の道連れ」で変更できる。

その他の役職の役割

役職

市民

人狼

占い師

狩人

狂人

霊媒師

妖狐

双子

猫又

怪盗

狂信者

サイコ

饒舌な人狼

背徳者

恋人

殉教者

パン屋

市長

狼憑き

罠師

逃亡者

大狼

ゾンビ

てるてる

賢者

赤ずきん

貴族

奴隷

狼少年

サンタ

ぶた男

呪われし者

独裁者

聖職者

暗殺者

藁人形

占い師の弟子

妖術師

黒猫

コウモリ男

女王

巫女

魔女

番犬

ささ狂

強欲な人狼

賢狼

子狐

長老

生霊

医者

人狼キラー

偽占い師

病人

蘇る人狼

脳ある人狼

コメントを残す