【FE風花雪月】結婚はある?結婚システムについて解説

   

ファイアーエムブレム_結婚

ファイアーエムブレム風花雪月に結婚システムはあるのか?結婚の概要とともに紹介しているので参考にどうぞ。

結婚システムはなし!

支援S制度のみ続行

今作では結婚制度が廃止となったため、子世代にスキルを受け継ぐ仕様はありません。支援Sとなれる相手は1人だけという縛りは続行のため、支援相手を慎重に選ぶ必要はありそうです。

以下は過去作の内容となりますのでご注意ください。

結婚とは?

好きな異性と子供を作れるシステム

結婚システムはファイアーエムブレム覚醒で追加されたギャルゲー要素。純粋なSRPGを求めてファイアーエムブレムをプレイしていた層からは、ときめきエムブレムや手強い恋愛シュミレーションなどと揶揄されたりもしています。

異性との支援レベルがSになると結婚が可能となり、結婚相手との子供もユニットとして登場。今作にも結婚が導入される場合は「結婚相手」を視野に入れた育成も良いでしょう。

子供のスキルは親を受け継ぐ

ファイアーエムブレム覚醒ではベースキャラが母親、髪の毛の色は父親と同じになるといった形で子供の見た目が微妙に変化する仕様でした(ifでは父母の役割が逆)。

性能面としては、父母の固有スキルを子供が受け継ぐことができたので、ポケモンのタマゴ技さながら親の血統を重視して結婚相手を選出するといった楽しみ方も。

結婚が実装される場合、おそらく上記のシステムのいずれかは採用されるかと思います。


結婚システムにおける注意

結婚できるのは「異性」のみ

女主人公を選んだ場合、結婚相手は男キャラのみになります。自分と異なる性別を主人公に選ぶと悲しいことになる可能性があるので注意が必要。

コメントを残す