【スマブラSP】ワンパターン相殺の変更点について【OP相殺】

   

スマブラSP(スイッチ)のOP相殺(ワンパターン相殺)の仕様変更された点をまとめています。ワンパターン相殺について詳しく知りたい方は参考にどうぞ!

ワンパターン相殺とは?

同じ技を出し続けたときのペナルティ

ワンパターン相殺とは、同じ技を出し続けたときに生じるペナルティのことです。具体的には、同じ技を2回以上連続でつかった場合、2回目以降のダメージが減少するといったペナルティが課せられます。

ワンパターン相殺の変更点

ガードされても補正がかかるように

今までワンパターン相殺は、ダメージを与えた場合に補正がかかっていましたが、スマブラSPでは初段をガードされた場合にもワンパターン相殺が働くようになりました。この仕様により、バースト技を連続で出し続けづらくなりました。

また、飛び道具を当てたときに好意的に捉えると「ワンパターン相殺が解除されるようになった」とも考えられます。飛び道具持ちのキャラや、飛び道具自体の価値が上昇したと言えるでしょう。

新品ボーナスもガードで消える

新品ボーナスとは「過去9回中に一度も使用していない技」に適用される、火力1.05倍のボーナスのこと。新品ボーナスもガードで消えてしまうため、ボーナスを考慮して撃墜を狙うことが難しくなりました。

ダメージの減少量が増えた

ワンパターン相殺時のペナルティである「ダメージの減少」が、forと比べ増えました。ワンパターン相殺のデメリットを受けないためにも、より多彩な技を使ってバトルに臨みましょう!

1 Comment

コメントを残す