【スマブラSP】緊急回避の仕様変更点について【スイッチ版】

   

スマブラSP(スイッチ)の緊急回避の仕様変更された点をまとめています。緊急回避の仕様が変わったことによる影響を知りたい方は参考にどうぞ!

操作 LかRと同時にスティックを入れる

緊急回避の変更点

連続で出すと隙が大きくなる

緊急回避を連続で出すと、回避後の隙が大きくなるように修正されました。最大で通常の1.5倍ほどの隙が生まれるため、緊急回避に頼った戦術は取ることが難しくなりました。

空中緊急回避の変更点

入力キーと逆方向に一瞬移動する

空中で緊急回避を入力すると、一瞬だけ入力した方向と逆に移動します。この仕様によって、スマブラDXで必須とされていたテクニック「絶」のような動きはできなくなっています。

空中で1度しか緊急回避できない

緊急回避関連で最も大きな変更点。緊急回避を連打して追撃を逃れることができなくなったほか、緊急回避を出すタイミングでも読み合いが生じるようになりました。

隙が大きくなった

空中緊急回避後の隙が70F(秒数に直すと1.17秒程度)ほどあるので、硬直による隙を突かれやすくなりました。

ワイヤーキャンセルの廃止

復帰にワイヤーを使えるキャラクターは「空中緊急回避→ワイヤー」と入力することでワイヤーキャンセルすることができたのですが、これも撤廃となりました。また、ワイヤーでの復帰中に攻撃が当たるようになってしまったため、ゼロスーツサムスやリンク、サムスは大きな弱体化を受けたと言えます。

コメントを残す