【スマブラSP】新要素/変更点まとめ!前作との違い【スイッチ版】

   

スマブラSP(スイッチ版)で変更されたゲームシステム/仕様についてまとめています。前作との違いに戸惑わないために、チェックしておきましょう!

歴代ファイター全員参戦!

スマブラSPでは、過去5作のスマブラのキャラクターすべてが使えます。DX以降登場していなかった「ピチュー」など、マイナーキャラも勢揃いで「集大成」の名に相応しい作品といえます。

全ファイター一覧はこちら

新キャラクターの追加

もちろん歴代のキャラクターが全員参戦するだけでなく、新キャラクターの登場も公表されています。

スマブラSP参戦キャラ

Dサムス

デイジー

クロム

ケン

インクL

リドリー

シモン

リヒター

Kクルール

しずえ

ガオガエン

パックン

ダッシュファイターが追加

「ダッシュファイター」とは、ほぼ同じ性能を持つ、見た目違いのキャラクターたちのこと。技の細かい部分に違いがある以外、基本的な性能は同じようです。

ダッシュファイターの違いはこちら

最後の切り札が変更

強化系切り札の廃止

ワリオやヨッシー、ソニックなどの「自身が強化されるタイプの切り札」が軒並み廃止となりました。最後の切り札は全キャラ1発打ち切りのものになります。

テンポよくスピーディに

最後の切り札の演出がよりスムーズになり、戦闘がスピーディになりました。以前より爽快感の溢れるバトルが楽しめます。

アシストフィギュアへの攻撃が可能に

アシストフィギュア

スマブラSPでは、アシストフィギュアへの攻撃が可能となりました(任天ドックスのように攻撃できないものを除く)。アシストフィギュアを撃墜するとしっかり得点も加算されるので、積極的に撃墜を狙っていきましょう。

ガチ部屋/エンジョイ部屋の撤廃

マッチング形式が3種類に

スマブラSPでは、ガチ部屋/エンジョイ部屋という区分が撤廃され「優先ルール/世界戦闘力/通信距離」の3つの要素を参照してマッチングできるようになりました。

世界戦闘力は、いわゆるレーティングのようなもので、上昇すればするほど強いプレイヤーとマッチングする仕組みです。さらに、世界戦闘力が一定値まで上がると「VIPマッチ」への参加が可能となります。

マッチング 内容
優先ルール 自分で設定したルールに基づいてマッチング
世界戦闘力 勝敗によって世界戦闘力が増減。戦闘力が近いプレイヤーと当たる
通信範囲 通信地域が近いプレイヤーとマッチングする。ラグが少ない

ながら対戦待ちが可能に

対戦待ちの間に、オフラインの別モードを遊びながら待つことができるようになりました。一部のモードは、ながら対戦待ちに対応していませんが、対戦待ちの時間をより有意義に使うことが可能になりました。

対戦相手を撃墜するとタグをゲット

オンライン対戦で、対戦相手のキャラクターを撃墜すると、そのプレイヤーのタグを入手することが出来るようになりました。有名なプレイヤーと当たった時は自慢になるほか、タグ自体は売ることでスピリッツの購入にも役立つため、無駄になることはありません。

新モード「灯火の星」の追加

スマブラSPでは、新アドベンチャーモード「灯火の星」が追加されました。すべての生物から光を奪った「キーラ」を倒すことを目的に、カービィが立ち向かうといったストーリーとなっています。

「スピリッツ」と呼ばれるファイター専用の装備でパワーアップし、ステージをクリアしていきましょう。また、隠しキャラも「灯火の星」で開放できるので、使いたいキャラが居る方は、まず「灯火の星」のクリアを目指しましょう!

戦闘システム/操作についての変更点

戦闘システムや操作システムも細かい部分が変更されています。

戦闘システム/操作の変更点まとめ
▶ダッシュのやり方/変更点
▶ガードのやり方/変更点
▶緊急回避のやり方/変更点
▶攻撃/投げの変更点
▶吹っ飛び速度の変更点
▶ワンパターン相殺の変更点
▶1on1補正とは?
▶ほかほか補正とは?

コメントを残す